商売の要は、やっぱり値づけ。

新年に「週に1回は発信する」と宣言した気合いもどこへやら。

結局半年近くもブログを放置してしまいました。ちなみに「メイクを毎日落とす」も1か月で挫折してしまいましたが、今年もまだあと半分あるからよしとしよう……。

 

さてさて、私をふたたび「ブログ書こう」と奮い立たせてくれたのが、タイトルのセミナーでした。「女性のための起業塾」。その名の通り、これから事業を立ち上げようという女性起業家の卵たちに、起業に必要な心がまえや考え方を教えてくれるという、なんともありがたい会なのです。

 

フリーの編集者・ライターとして仕事をはじめて1年、そろそろ法人化しようかなあと思って豊島区役所にふらりと相談に来たところ、「君は考え方がなってない! もうちょっと勉強しなさい(意訳)」とセミナーのお知らせをもらったことが、参加申込のきっかけでした。

 

講師は女性起業アドバイザーとしてご活躍の吉枝ゆき子さん。数々の女性起業家を導いてこられただけあって女性たちの心をつかむのがお上手で、会場にはときおり笑いが起きるなど、終始なごやかな雰囲気でした。

 

私は2回目からの参加でちょっと緊張していたのですが、参加者同士がコミュニケーションを取りやすくなるように意見交換タイムももうけられており、すぐに溶け込むことができました。

 

かねてから「毎日仕事がんばってるのに気づけば手元にあんまりお金が残ってない!」と不思議に思っていたのですが、今日具体的な売上見込金額や原価、固定費などを出してみると、その理由は一目瞭然。そもそもの価格設定がちゃんとできていなかったことに気づきました(汗)。

 

当然と言えば当然のことなのですが、このへんをしっかり詰めて考えられていないと、利益の出ない仕事を請けてしまったり、いたずらに値下げ交渉されてしまったりしますよね。商売の要は値づけ。そんな当たり前のことをすっかり忘れていた私。

 

法人化するまでには、しっかりやりくりできるようにならないとなあ。いろいろと決意をあらたにした1日でした。し、下半期はブログ続けるぞっ!!